Profile

土井 徳浩(Clarinet, Sax, Flute)
クラリネットを故 浜田伸明、故 内山 洋、 サックスを吉永 寿の各氏に師事。
1997年、奨学金を得てボストンのバークリー音楽大学に留学。
クラリネットをHarry Skoler, サックスをGeorge Garzone, Frank Tiberiの各氏に師事。 
2002年帰国。
2003年ノナカ・サクソフォン・コンクールに於いてジャズ部門第二位を受賞。 
2005年よりジャズ・クラリネット奏者としての活動を中心にし、 首都圏を主に、
自己のカルテットを率いて活動中。
2011年10/12,初リーダー作「Amalthea/土井徳浩カルテット」
2016年4/20, 2ndアルバム「Mr. Professor s Sanctum」
をD-Musicaよりリリース。
2015年 行川さをり(vo)、伊藤志宏(pf)、土井徳浩(Cl)からなる共同リーダーユニット Phacoscape デビュー作[-scapes,]をリリース。
サイドメンとしては、「佐藤浩一Group」
「Grupo Cadencia」
「新澤健一郎イチョウ五重奏団」
「太田朱美Risk Factor」 「酒井俊 Water Pocket」
「シニフィアン・シニフィエ」「伊藤志宏ムーセイオン」
sax奏者としては「挾間美帆m_unit」「山田拓児Folklore」
「佐藤恭子Little Orchestra」「TokyoBrass Art Orchestra」「原信夫シャープ&フラッツ」「羽毛田耕士Big Band」「広瀬未来Big Band」
等あらゆるジャンルのバンドに参加している。
帝国劇場、宝塚歌劇団等におけるミュージカルではオーケストラにマルチリード奏者として参加。
監修著書に「アルトサックス ファーストステージ」「テナーサックス ファーストステージ」(全音楽譜出版社)

Tokuhiro Doi began playing the clarinet at the age of 14. At Yamaha Music Academy Doi began playing the alto saxophone also, while he studied classical music on clarinet with Hiroshi Uchiyama, a former member of NHK Symphony Orchestra. Receiving a scholarship, he attended Berklee College of Music in Boston as an Alto Saxophone principal. Doi moved back to Japan in 2002. Doi won the second prize in Nonaka Saxophone Competition in 2003. Scince 2005, He s been specializing in playing the clarinet as his main voice. Mostly in Tokyo and Yokohama, he plays at varios venues with numbers of innovative musicians and groups. Doi studied clarinet with Nobuaki Hamada, Hiroshi Uchiyama and Harry Skoler, and studied saxophone with Hisashi Yoshinaga, Hitomi Hara, George Garzone, and Frank Tiberi.